2009年3月15日

与那国島

  • 2009/3/13-3/15 与那国島
  • ダイビングショップ:ショッキングブルー
  • 主要ダイビングポイント:海底遺跡、西崎(ハンマーヘッドシャークポイント)
  • 経験本数:72-75本目

  • 3月13日から15日の2泊3日の強行スケジュールで念願の与那国島へ行ってきました。与那国島というのは、沖縄県の最も西にある島で八重山諸島の離島で有名な石垣島からさらに飛行機で30分(船では4時間。)のところにある離島です。季節によっては台湾が島から見える、日本で最も日の登る時間が遅い島です。

    で、そんな与那国島へ2泊3日でダイビングを4本堪能するのは、最初は無茶かなーと思ってましたが、与那国島は港からポイントまでが非常に近いこともあり、きっちり初日からダイビングを2本楽しむことが出来ました。ただし、残念なことにこの2日。天候が悪く大荒れだったため、海の透明度は25M程度と与那国島にしてはイマイチだったようです。

    与那国島は、
  • 日本で冬のシーズンで普通にダイビングを楽しめる貴重なポイント
  • 1月〜3月にかけてがハンマーヘッドシャークが見られる
  • 島周辺の海域が深いためダークな海・・・
  • 流れが結構ある(パラオほどではないです。)


  • などなどの理由から、結構経験本数の豊富なダイバーが多かった印象です。そもそも冬に国内でダイビングする人ってそれなりに気合い入っている人が多いですよね。。。

    カメラ器材も結構凄かったし、ビデオの人もいましたし。さらに驚くのは、船での器材のセッティングの速さ・・・何と言うか、器材のセッティングをしてもらうのが当たり前の殿様ダイバーでは相当まわりに迷惑を掛けそうな感じです。さらにさらにエントリーはすべてフリー潜行、そして、海底40M以上の所で10M地点集合などと中性浮力なしには集まることすら困難。。。など。初心者にはちとハードル高めですな。それなりに経験を積んでから行きましょう。はい。

    さてさて、そんな中、噂の海底遺跡を見ることができました。うーん、こんなもん?ハンマーヘッドシャークは挑戦しましたが海の状態も悪く結局見れず。。。きっとコンディションがよければもっと楽しいはず。次回は天候のよい時に調整したいです。Dr.コトー次回作のロケも6月にあるらしいですからね。今回お世話になったダイビングショップは夫婦2人で経営されている個人のショップなのですが、なぜか、奥様はスイス人。なぜ!?。少人数でまったり潜りたいならお勧めです。出会いのなれそめ聞くのがきっと楽しいと思います(笑)。

    最後に写真についてですが、今回は初めてトキナーの魚眼レンズ(AF 10-17mm F3.5-4.5 AT-X 107 DX FishEye)を使い、EOS用ピクチャースタイルも自分でこしらえてみたのですが、海の色、何と言うかちょっと違うなー。もう少し水色ではなく深い青が出したかったのですが。さらに、画像の外側がボケるのはレンズのせいでしょうか?それともカメラマンの腕でしょうか?うーん、まだまだ水中一眼デジマスターへの道はほど遠いです。

    IMG_5391.JPG
    IMG_5397.JPG
    IMG_5406.JPG
    IMG_5408.JPG
    IMG_5423.JPG
    IMG_5425.JPG
    IMG_5512.JPG
    IMG_5527.JPG
    IMG_5531.JPG
    IMG_5534.JPG
    IMG_5546.JPG
    IMG_5591.JPG

    トラックバックURL

    このエントリーのトラックバックURL:
    http://tecchan.org/mt-tb.cgi/127

    コメントする

    (初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)